飲食店にPOSを取り入れれば仕事が遥かに早くなる

レディ

円滑な取引がポイント

握手

新規参入にもチャンスあり

約13億人という世界最大の人口を誇り、中国ではあらゆるジャンルの商品が生産されています。販売先としても注目されていますが、生産品の品質が向上したことから、近年では輸入に関連したビジネスが盛んです。生産量が多いため仕入れ値が比較的安価であり、これからの参入であっても、成功のチャンスは十分に得られるでしょう。しかし、どこの国でも同じ事ですが、法律やエリア特有のルールがあるため、知識と経験がなければ不利な状況となる可能性もあるのです。日本のように注文から到着まで受け身でいられるわけではなく、気になることがあればその都度問い合わせなければなりません。そこで利用されているのが中国輸入代行サービスで、注文先との間に立ってサポート役を果たしてくれるのです。中国輸入代行は選べるほどに多くのサービスが営業しているため、十分な比較が成功のポイントとなるでしょう。中国では人民元が通貨として利用されますが、中国輸入代行は会社ごとにレートが異なる場合があります。通常は人民元の時価に対して、1円から2円程度が加算される仕組みです。代行手数料は購入金額に固定額を設定しているケースが多く、10パーセント前後で設定している中国輸入代行もあります。つまり、レートや手数料で比較する場合、購入金額を参考にした選択がお得になるのです。中国輸入代行の役割は取引・対応の円滑化ですので、迅速な対応や検品サービスで選定してみるのも工夫となります。