飲食店にPOSを取り入れれば仕事が遥かに早くなる

レディ

年々進化している

レジ

在庫管理も可能

レジスターは、会計を行うための製品です。接客を行っている店には、当たり前に設置されています。しかし単純な構成のレジシステムも年々進化しているのです。機能が向上することにより時間短縮などの効率化やミス防止などに役立ちます。混雑は顧客満足度を低下させる要因の一つです。これを短縮するためにレジスターを最新の物に変更することも効果があるのです。最新のレジスターは、バーコードを用いて商品を読み取ります。どの商品が販売されたのか、そして価格を同時に読み込みます。手入力では、時間帯で割引されたような商品の価格を反映させることはできません。しかしバーコードに時間によって価格を変更する仕組みを導入すれば、タイムセールなどの場面でも正確に価格を読み込むことができるようになります。面倒な計算を省くことができるほかミス防止にも役立ちます。バーコード管理は、在庫管理も同時に行う特徴を持っています。在庫がどの程度残っているのかは仕入れ状況と販売状況の引き算で算出されます。そのため、バーコード管理はバックヤードの管理もそして在庫ミスも防止することができるのです。在庫数が一定以下になると自動的に発注をかけるシステムも導入することができます。一定の仕入れがルーチンになっている場合、このシステムは大変役立ちます。他にも自動つり銭などもあります。自動的に釣銭を計算して出力することができるため、釣銭ミスも防止することができるのです。