飲食店にPOSを取り入れれば仕事が遥かに早くなる

男性

飲食業での効率化

店舗

導入するポイント

飲食店を経営している上では、美味しい料理を提供することが収益に繋がりますが、一方で時間帯によっては多くのお客さまがやってくるため、料理を短時間で提供するといったスキルも必要になります。従来の飲食店であれば注文を取り、それを伝票に書き込み厨房にオーダーして、厨房は伝票をもとに料理を作り提供します。お客さまは飲食したあとに伝票をレジに持っていき会計を済ませるわけです。料理の点数が少ないお店であれば従来の方法や、または食券販売といった方法がありますが、追加オーダーがあるような飲食店の場合には、この作業が煩雑になります。そのような飲食店での業務を効率化する方法がPOSです。POSは販売時点情報管理とも呼ばれるものです。POSといえば小売店などで見かけるもので、レジススターにその機能を付与させることでレジで会計をしたデータが自動的に集計されるものです。一方で飲食店で見られるPOSは小売店にあるようなPOSとはやや異なります。飲食店でのPOSは注文をハンディ端末によって入力してそれらを厨房に自動的に送信するというものです。これによって注文を受け付けるフロワスタッフが厨房まで注文を届ける費用がなくなります。このシステムはOES(オーダーエントリーシステム)と呼ばれます。また会計を行う際にも、注文データを呼び出すことができるので、レジ打ちに必要な時間を短縮することができるので会計時にお客さまを待たせるといったことを軽減することができます。